無垢フローリングブランド 樹 ITSUKI

オイル塗装フローリングのお手入れについて

2018.06.14

こんにちは、住空間事業部です。
 
梅雨時期で、蒸し暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 
本日は、最近お問合せの多いオイル塗装フローリングのお手入れや注意事項につきまして、お話しをしたいと思います。
 
【日常のお手入れ】
※フローリングは基本的に水気を嫌います。
①箒や電気掃除機でゴミ・埃を取り除いた後で乾拭きしてください。
③汚れがひどい場合は硬く絞った雑巾で汚れをふき取ってください。
④濡れ雑巾を頻繁にかけますと表面にひび割れや変色を生じることがありますのでご注意ください。
⑤ダストコントロールモップや化学雑巾は使用しないでください。
 
 
【使用上の注意点】
①テーブルやいすを引きずって使用されると表面を傷つけることがあります。脚の先にフェルトを貼る等して 保護をしてください。
②直射日光に長く当たりますとその部分だけ色の変化が起こる、表面にひび割れが発生する場合があります。
直射日光はカーテン等で遮るようにしてください。
③冬場などで結露水が床面に落ちたら速やかに拭き取ってください。
④観葉植物などの鉢には必ず水受け用の皿などを敷いてください。また、長時間同じ場所に置きますと跡が残る場合がございますので時々置く場所
を移動してください。
⑤クレヨン、マジックなどがフローリング表面に付着したときは、アルコールまたは染み抜き用ベンジンを 含ませた布で軽く速やかに拭き取って
 ください。
⑥醤油、コーヒー、洗剤、カビ取り剤などをこぼして放置しておきますとシミ・変色の原因となります。 染み込む前に直ちに硬く絞った雑巾で
拭き取ってください。
 
 
【定期的なメンテナンス】
①目安として、1年ごとに自然オイルを塗布するか、蜜蝋ワックスを塗布してください。
②自然オイルは、フローリングの表面のごみを取り除いた後乾いた布で薄く塗り伸ばしてください。 その後乾いた布で拭きあげてください。
③自然オイルのクリアであればメーカーは問いません。 (推奨:キヌカオイル。東急ハンズで市販されています)
④蜜蝋ワックスは、フローリングの表面のごみを取り除いた後乾いた布で薄く塗り込んでください。 ワックスが乾いたら(2~3時間後)乾いた布で
拭き取って下さい。
⑤蜜蝋ワックスはホームセンター等で市販されています。メーカーは問いません。 ⑥水性ワックスは使用しないで下さい。
 
キヌカオイル
 
 
無垢フローリングは、私たち人間のように呼吸します。
日頃のひと手間にて、フローリングを美しいまま長くご使用が可能となりますので、是非ご参考ください。
 
ご不明点等ございましたら、お問合せフォーマットにてお気軽にお問合せくださいませ。
 

« 新着ブログ一覧 »